丸真商店

Marushin

Top > サイトマップ > Macintosh >

DSCF0249C13
特記なきはすべて新品商品
item5

2022.11.20 最終確認

当店オリジナル Macintosh Classic II 回路図
P1010738c2a2c P1010738c2a2c1 P1010738c2a2c2

SCSI、FDD回路図

ロジックボード裏面のLCRの配置図(ほぼ実寸)

アナログ電源ボードの裏側から見た実寸配置図

Classic IIの全回路図と、部品番号が読みづらいロジックボード裏面のLCRの配置図、アナログ電源ボードの調整に便利な裏面から見た実寸配置図を販売中です。

ClassicIIで一番発生率が高い「太い立てシマ」「格子状画面」で起動モードに入らない症状を修理するための特性要因図つきです。

ClassicII 回路図集   
item7c1

回路図と配置図はA4とA3のサイズ違い各10枚合計20枚セットです。

紙ベースでの提供となります。

 

   ■ 内容

     (1)ロジックボード 820-0401-B 回路図(CPU、EAGLE)

     (2)ロジックボード 820-0401-B 回路図(ROM、RAM)

     (3)ロジックボード 820-0401-B 回路図(SCSI、FDD)

     (4)ロジックボード 820-0401-B 回路図(ADB、Audio)

     (5)ロジックボード 820-0401-B LCR配置図(うら)

     (6)ロジックボード 820-0401-B LCR配置図(おもて)

     (7)アナログ電源ボード 630-0525-8 回路図(電源部)

     (8)アナログ電源ボード 630-0525-8 回路図(CRT制御-Video回路)

     (9)アナログ電源ボード 630-0525-8 実寸配置図(おもて)

     (10)アナログ電源ボード 630-0525-8 実寸配置図(うら)

     (A4のみ)タテシマ・格子状で起動がかからない要因図

 

本回路図のロジックボード部分は、ROMチップ4個搭載タイプのClassic II のものです。

本回路図のアナログ電源ボード部分は110V・ClassicII用で、Classic用とは異なります。

ロジックボードのパスコンは、一部、回路図上の詳細を省略してあります。ご了承ください。

回路図は旧JIS記号表記です。

 

<本商品の取り扱いについて>(売買契約条件)

本商品は丸真商店(高知県)のオリジナルであり、当店が著作権(非公開著作物)を有します。

(回路図であってもオリジナルデザインをふくんでおります)

本商品はコピー防止処理済みです。また落札者様の固有情報を埋め込んであります。

コピー機やスキャナで複製処理すると、紙または画像ファイル上に「コピー」「COPY」の文字が明瞭に表示されます。

消去、削除、加筆、変形等の改変作業、無断転載、無断引用、複製頒布、コピー、スキャン、写真撮影、スクリーンショット

した当商品のネット上への直接およびリンクでの公開、公衆への公開、すべてのファイル共有、ネットやメール等での配信を

固くお断りします。

落札者様個人での利用に限ります。(非公開の守秘義務)

 

***

本商品説明につきましては、ヤフオク出品の商品説明の文章と表現、内容が異なる箇所があっても、ヤフオク出品での説明を優有効とします。

フロッピードライブの修理

イジェクト(取り出し)ができない場合

正常に認識し読み書きできるのにイジェクトしようとすると「ウ〜ン、ウ〜ン」と1秒間ほどうなるだけで排出されない場合、フロッピードライブのEJECT用モーターの第一プラスチックギアが「欠け・破損」していることがあります。

「ウ〜ン」とうならずに排出されない場合は、ギア欠けではなく排出モーター(R2DG-31)そのものの修理が必要です。

SE/30のページに修理情報をまとめてあります。(必見)

Classicシリーズ、SE/30用とColor Classicシリーズ用 には互換性があり、そのまま取り替え交換が可能です。

    Classicシリーズ、SE/30用 2HDフロッピー(1.4MB)ドライブ型番 = ソニー製 MP-F75W-01G、MP-F75W-11G、MP-F75W-12G

    Color Classicシリーズ用 2HDフロッピー(1.4MB)ドライブ型番 = ソニー製 MP-F75W-31G

コンパクトMacには、三菱製MF355Fフロッピードライブも使える

Macintoshに標準装備されたFDDは形状から大別して、68040機までに使われた分厚いソニー製のMP-F51WおよびMP-F75Wタイプと、PowerMacintosh以降に使われた薄型の三菱MF355Fおよびソニー製MPF52Aに分かれます。

このうち、ソニー製MPF52Aだけが、いまのところ動作確認試験ではSE/30で2HDフロッピーを認識しない(2DDは認識する)という点でとりあえず除外として、三菱MF355FはSE/30では2DD/2HDの両方、Macintosh Plusでも2DDフロッピーを扱えることが確認されました。

第一世代Power Macintosh用のFDDとして登場した三菱MF355F-****は、それまでのMP-F51WおよびF75Wと異なって、排出用の駆動ギアが経年で歯欠けするということがありません。

代用できるといっても、当然サイズが違うためFDDマウンタにセットできませんので、コンパクトMacの外装ケースをはずしたまま裸でドライブを使うことになります。(当店オリジナル商品の「No.6110 外付けFDDポート出力ケーブルセット」を使えば、外付けFDDとして使えます)

 

【注意】

上記4モデルとも20ピンのフラットケーブル接続ですが、Plus に2HD対応のMP-F75WまたはMF355Fを接続して、2DD(800KB)ドライブとして使う際には、フラットケーブルの9番と20番の結線を切断しておく必要があります。

またMP-F75WまたはMF355Fを、Plus や2DD× 2台モデルのSEに接続しても、2HDフロッピーは認識しません。

P1010738b1a1 P1010738b1a1a P1010738b1a1a1

三菱 MF355F-****

ソニー MPF52A

No.6110 外付けFDDポート出力ケーブルセット

↑このページの先頭へ戻る


Copyright © 2012-2022 Namio Nakajima    www.marushin-web.com

特定商取引に関する法律に基づく表示